世界中で愛されるレンジローバーの魅力とは


レンジローバーとはどのような車か?

レンジローバーは、イギリスを代表するSUVの一つで、高級サルーン並みの乗り心地の良さと、充実した装備によって、世界中に多くの愛好者が存在しています。この車がはじめて作られたのは1970年のことであり、優れたオフロード性能に加えて、高級乗用車にも引けを取らない快適性を追求して開発されたのです。1995年には2代目、2002年には3代目、2013年には4代目のモデルがそれぞれ発売されており、レンジローバー、レンジローバー・スポーツ、レンジローバー・イヴォーク、レンジローバー・ヴェラールという4つの車種が市場に投入されています。

レンジローバーの魅力とは?

レンジローバーの魅力は、何といっても他の車には見られない高い走破性です。オフロードでも安定して走行できることに加えて、快適な車内空間を追求して作られているため、長時間のドライブでも疲労を感じることはほとんどないでしょう。また、走行中の路面の状況をモニターして、エンジンやサスペンションなどを最適な状態に保つテレインレスポンスや、水中を走行する際に威力を発揮するウェイドセンシングといった様々な機能を有しているのもこの車の魅力と言えます。

さらに、社内のシートは基本的に革張りとなっているため、リラックスして座ることができます。後部座席に座っている人が走行中に動画などを見れるようにフロントシートのヘッドレストに専用のスクリーンを設置できるようになっているという点も車に乗る機会が多い方にとってはうれしいポイントでしょう。

レンジローバーの中古車は状態により様々ですが、平均630万円ほどです。しかし値段の振り幅も大きく一度自分の目で確かめることをおすすめします。